忘れ物で悩んだら

子育て中のお母さんの中には、子供の忘れ物で悩む方がとても多いと聞きます。忘れ物を減らす為に親ができることは、 どうして忘れ物をしたのかその原因を自分で見つけ出させる事も大切。そして、次にどうしたら良いかも子供自身に考えさせるようにします。 大人もそうですが、急いでいると思いがけない失敗をしたり忘れ物をしてしまったりするもの。子供も同じです。


時間に余裕をもって準備させたり行動させるようにするにも必要なこと。特に朝はギリギリまで寝ていたりせず、余裕を持って少し早めに起こすこと。 夜も次の日の準備をしっかりとさせてから寝せるようにします。こういったサポートは、子供が小学生の早いうちに行う方が良いでしょう。 早いうちに時間に余裕を持って行動するとか、前の日に準備をしてから眠るなどの癖付ができれば、その後もスムーズに過ごせるようになるはずです。


しかしながら、中にはADHDである為に忘れ物が続いている場合もあります。ADHDとは注意欠如多動性障害のことです。 忘れ物や無くし物が多かったり、集中力がない、落ち着いて座っていることができない、順番が守れないなど色々な症状があります。 気になる時は、一度医療機関に相談してみることをお勧めします。